言語による翻訳会社選び

PCを操作する女性

グローバルなビジネスにおいて使用される言語というのは、英語とは限りません。翻訳が必要な文書の中には、日本との関係が少ない言語も存在します。そういった言語の翻訳を翻訳会社に依頼する際には、注意すべきポイントが幾つかあります。

もっと読む

医療に関する翻訳について

単語帳

文書の翻訳を必要とする企業の分野というのは、多岐にわたるでしょう。その中でも、医療等の専門性の高い分野での翻訳依頼というのは、翻訳会社の選択肢が少なく手間取るはずです。

もっと読む

翻訳会社選びの総評

パソコンを触る人

企業における翻訳会社選びのポイントというのは、その文書の形式や言語、分野によって様々です。それらの選び方において、信頼できる優良な翻訳会社には共通するポイントが存在するのです。

もっと読む

各証明書の翻訳について

アルファベット

近年、日本では国際交流が盛んになり、ビジネスもグローバルに行なわれるようになりました。グローバルビジネスにおいて、翻訳が必要となる文書というのは必ずでてくるものでしょう。そういった文書がでてきた際には、翻訳会社の利用をお勧めします。翻訳会社というのは、依頼された文書を翻訳してくれる会社で、英語や韓国語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、その他諸々の様々な言語に対応してくれます。しかし、それらの翻訳を依頼する際には、その翻訳会社がビジネスに精通した翻訳を行う技術をもっている必要があります。ここでは、各種証明書の翻訳を依頼する際の、翻訳会社選びのポイントについて知っていきましょう。
各種証明書を翻訳してもらう際には、まずその証明書の提出を求めている機関が翻訳会社を指定していないかを確認する必要があります。指定がある場合、大抵複数の選択肢が用意されています。その際、翻訳はその選択肢の中から選んだ会社に依頼する必要があり、それ以外の会社に依頼しても証明書としての認証はされませんので注意が必要です。次に、その文書の翻訳を依頼するにあたって翻訳証明書が必要であれば、依頼する翻訳会社が翻訳証明書を無料で発行しているのかどうかを確認しましょう。外務省証明であるアポステュースが必要とされる文書であれば、アポテュースを取得した翻訳会社を選ぶ必要があります。もし、アポテュースを取得していない会社に依頼をしたのであれば、その証明書の提出先となる国の大使館もしくは領事館に事前確認を行う必要があります。